やりがいを感じないなら転職すべきか?

転職する理由として、もっとやりがいのある仕事をしたいからということを挙げる方も多いです。

非常にポジティブで素晴らしいことではあるのですが、転職に踏み切る前に考えておいた方が良いこともあります。

今の仕事にやりがいを感じないと悩んでいる方は、ここでご紹介することを押さえた上で転職するかどうかを判断して下さい。

やりがいのためにすぐに転職しない方がいい理由

やりがいを感じれないと思い始めると、働くモチベーションもどんどん落ちてきて、早く転職したいという気持ちが大きくなるのは分かりますが、ここで決断する前に一度冷静になって考えて欲しいことがあります。

やりがいだけでは仕事は続かない

仕事にやりがいを感じれることは大切ですが、これだけでは長く仕事を続けることはできません。

やりがいを感じるポイントは変わっていくものですし、必ずしも自分が思い描いた通りに仕事ができるわけでもないため、やりがいだけをモチベーションにしてしまうと、それがなくなったらまた転職・・・と、悪循環になってしまいます。

また、やりがいは与えられた仕事の中から見つけていったり、自分から積極的にチャレンジする中で掴み取っていくことも大切です。

やりがいがないから、それを得られる所に移動して、与えられるのを待つ姿勢ですと、受け身で仕事をするため、なかなか成長もできません。

転職に失敗するリスクも考える

やりがいを求めて転職したけれど、その会社が自分に合わなくて失敗するリスクもあるということを考えましょう。

やりがいのある仕事はできるけれど、例えば人間関係がうまくいかなかったり、仕事に追われて残業の日々を繰り返すと言ったように、別の問題が発生してしまうと、そちらに心が持っていかれてしまい、最悪の場合はまた辞めてしまうということも起きえます。

サラリーマンとして長く働いていく上で、転職ありきのキャリア形成も今の時代は悪くありませんが、それぞれの職歴が短期になりすぎると、後々大変苦労することになるので、転職のタイミングではしっかりと先を見据えて慎重な判断を行うことが大切です。

転職を踏み切る前にやるべきこと

やりがいを求めて転職するという選択をしてもいいのですが、焦って活動を始める前に取り組んで欲しいことがあります。

なぜ今やりがいを感じていないのかの理由を掘り下げる

まずは自分がどうして今の仕事にやりがいを感じないのかを明確にするために、考えられる理由を思いつくままに書き出してみましょう。

やりがいを感じない理由は、意外と漠然としていることが多いので、書き出して明確にすることで解決策が思い浮かぶこともあります。

今の会社でやりがいを見出せないか考える

今やりがいを感じない理由としてあげたことが解決できれば、今の会社に残ってもやりがいを感じながら働けるなら、そのための努力をできないかを考えてみましょう。

もし現職で努力をすることで、やりがいのある仕事を手に入れられる可能性があるのであれば、そこで頑張る方が自分の成長にもつながると思います。

どう頑張っても解決できない問題である場合は、転職すると決めても良いでしょう。

やりがいを求めて転職をする場合のポイント

一度立ち止まって考えた結果、もし転職することを選んだ場合、失敗しないように以下のポイントを押さえておきましょう。

今のスキルや経験を活かせる職場を選ぶ

今あるスキルや経験が活かせて、ある程度裁量を持って働ける職場を選びましょう。

そうすると積極的・能動的に仕事へ取り組むことになるので、自然と大きなやりがいが出てきます。

また、このような環境で働き続けることで、スキルや知識、経験も必然的にたまっていくので、それが自身にもつながり、とてもいい循環を生むことができるでしょう。

未経験の仕事にチャレンジする場合は我慢が必要

未経験の仕事にチャレンジするのも良いですが、その場合、基礎を身につけて経験を積み、一人前になるまでにはそれ相応の時間が必要になってきます。

また働いてみないとわからない部分もたくさんあるので、慣れるまでは粘り強く頑張り続けるという姿勢で仕事に取り組まなければなりません。

そうやって地道に取り組んできて、できることが増えてくると、徐々に責任ある仕事も任せてもらえるようになり、それからやっとやりがいを感じられるようになってきます。

このように、未経験からチャレンジする場合は我慢が必要であることを覚悟して起きましょう。

転職先では中長期の目標を持って仕事に取り組む

仕事にやりがいを持てなくなる原因の一つには、目標を持っていないことも挙げられます。

なので、仕事に取り組む際には、必ず中期目標・長期目標を持ちましょう。

明確な目標を持って取り組むことで自然と仕事にコミットできますし、それによって確実にスキルアップもできるので、成長している実感も得やすく、やりがいにつながります。

また、転職活動においても今後のキャリアプランについて必ず聞かれますので、転職前の段階から、どのようにキャリアを積んでいきたいのかを明確にイメージできるようにしておくことも大切です。

転職した会社で、自分が思い描くキャリアを実現するためにはどのように仕事を進めていけばいいのかをしっかりと考えて行動目標に落とし込み、中長期的なキャリア形成を進めていきましょう。

常に工夫しながら仕事に取り組む

どんな職場でも、会社の状況やそのときに自分が任される役割などによって、思った通りの仕事ができない時期も出てきます。

特に仕事が単調になってしまうと、やりがいを感じられなくなってしまうこともあるでしょう。

そんな時期を乗り越えるためにも、常に工夫をしながら仕事を進めることが大切です。

単調な仕事であれば、どうすればもっと効率的に仕事を進められるかを考えて、やり方を工夫しながら取り組んでいきましょう。

こうすることで常に思考しながら働くことになるので、単調な仕事をこなす中でも成長できますし、仕事のスピードが上がることで評価の向上にもつながります。

やりがいを求めた転職は慎重に

今の仕事にやりがいを感じないから転職を考えているという方は、焦らず慎重に進めていきましょう。

最後にこの記事でお伝えしてきたことをまとめます。

やりがいのためにすぐに転職を決めない方がいい理由

  • やりがいだけでは仕事は続かないから
  • 転職に失敗するリスクもあるから

やりがいだけに目を向けると、転職を繰り返すことにもなりかねません。また、転職に失敗したら、仕事のやりがいどころではなくなるので、慎重に決める必要があります。

転職を踏み切る前にやるべきこと

  • やりがいを感じない理由を掘り下げる
  • 現職でやりがいを見出せないかを考える

なぜやりがいを感じないのかを明確にして、まずはどうすれば現職でやりがいを持って働けるのかを考えることが大切です。

やりがいを求めて転職する場合のポイント

  • 今のスキルや経験を活かせる職場を選ぶ
  • 未経験の仕事にチャレンジする場合は我慢が必要
  • 転職先では中長期の目標を持って仕事に取り組む
  • 常に工夫しながら仕事に取り組む

覚悟を持って仕事にコミットできるのであれば未経験の仕事へチャレンジすることもいいですが、できるなら今持っているスキルや経験を生かした職場を選びましょう。

転職先では常に目標を持ち、工夫しながら仕事に取り組むことで、やりがいにつながります。

やりがいを求めて転職をする際には、ぜひここでご紹介してきたことを参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました